ギャラリー画像・データ

UVIとIR2で撮影した金星昼面合成擬似カラー画像(2016/05/06) その2の写真

2μmカメラ紫外イメージャ UVIとIR2で撮影した金星昼面合成擬似カラー画像(2016/05/06) その2

UVIの283 nm画像と365 nm画像、およびIR2の2.02 µm(2020 nm)画像から作成した金星昼面の合成擬似カラー画像。283 nm → 青、365 nm → 緑、2.02 µm → 赤 として着色し合成している。UVIが観測している283 nmには二酸化硫黄(SO2)、365 nmにはまだ正体がはっきり分かっていない化学物質の吸収帯がある。例えば、この金星画像で青っぽい場所はSO2が比較的少ないと考えられる。一方、IR2が観測している2.02 µmには二酸化炭素(CO2)の吸収帯がある。CO2の分布はほぼ一様と考えられるが、雲頂高度が高いほど吸収量が少ないため、この画像では赤っぽく見える。© PLANET-C Project Team

画像データ

撮像時刻 2016-05-06 20:13:41, 20:17:17, 20:08:23 (UTC)
機器/フィルタ UVI, 283 nm, 365 nm, IR2, 2.02 µm
露出時間 0.25 sec, 0.046 sec, 6.97 sec
高度 44,439 km, 43,824 km, 45,337 km
アーカイブ (DARTS) 283 nm L1b (JPEG, FITS), L2b (JPEG, FITS); 365 nm L1b (JPEG, FITS), L2b (JPEG, FITS); 2.02 µm L1b (JPEG, FITS), L2b (JPEG, FITS)

画像撮影時の探査機の位置

太陽系の真上から見た
「あかつき」の軌道

あかつき
金星
太陽
地球
金星