ギャラリー画像・データ

距離約10万kmから撮影した金星夜面 (2.26 µm)の写真

2μmカメラ 距離約10万kmから撮影した金星夜面 (2.26 µm)

IR2カメラが距離約10万kmの位置から撮影した金星夜面の画像。

金星全体を一望する夜面画像として、これまでで最も詳細な様子をとらえた。この波長では、地面近くの暑い大気からの熱赤外線を背景に、雲の濃淡が「シルエット」として映し出されている。他のカメラ・他の波長のデータと組み合わせ、金星大気の立体的構造や運動を精密に調べてゆく。

Rescued Japanese spacecraft delivers first results from Venus (NATURE | NEWS Vol.532 7598)

画像データ

撮像時刻 2016-03-25 07:33:33 (UTC)
機器/フィルタ IR2, 2.26 µm
露出時間 6.97 sec
高度

103,494 km

アーカイブ (DARTS)

L1b (JPEG, FITS), L2b (JPEG, FITS)

画像撮影時の探査機の位置

太陽系の真上から見た
「あかつき」の軌道

あかつき
金星
太陽
地球
金星