ギャラリー画像・データ

IR2 (2.02 µm)で撮影した金星昼面の写真

2μmカメラ IR2 (2.02 µm)で撮影した金星昼面

IR2(2-µmカメラ)が2016年5月6日16:08 (UTC)頃に撮影した波長2.02 µmの金星昼面画像。金星大気主成分である二酸化炭素CO2の光吸収を利用して、雲の高さを調べることができる。両極付近で雲頂が低くなっているのが分かるほか、赤道付近に複雑な構造の雲が多く存在することが分かる。細かな模様を見やすくする画像処理を施している(画像の上が北)。 © PLANET-C Project Team

画像データ

撮像時刻 2016-05-06 16:08:23 (UTC)
機器/フィルタ IR2, 2.02 µm
露出時間 6.97 sec
高度

80,747 km

アーカイブ (DARTS)

L1b (JPEG, FITS), L2b (JPEG, FITS)

画像撮影時の探査機の位置

太陽系の真上から見た
「あかつき」の軌道

あかつき
金星
太陽
地球
金星